自然素材にこだわったナチュラルコスメ【ナチュラグラッセ(naturaglace)】の人気商品、UVプロテクションベースで3つの光から肌を守る

広告
下地・メイクアップ
広告

こんにちは、ricoです。

お肌を老化させると言われる『紫外線』。

でも、肌老化の原因と言われる『光』は、紫外線だけではないということを

ご存知ですか?

肌老化の原因と言われる『3つの光

1.紫外線

紫外線」は、太陽光の一部として地上に届きますが、人の目には見えません。

※人の目に見える光は、『可視光線』。

肌に届く紫外線は、UV-AUV-Bの2種類。

UV-Aは、紫外線の約95%を占めています。肌の奥の真皮にまで届いて、

肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンを変性させます。

そのため、弾力が弱まりシワが起こりやすくなります。

ガラスを透過するので、室内でも注意が必要です。

シミ・シワの原因となります。

UV-Bは、表皮を中心にダメージを与えるため、肌に炎症を起こします。

日やけ、肌色を黒くする作用があります。

ガラスを透過しないため、注意が必要なのは、主に屋外です。

紫外線は、季節変動があり、条件によって量は異なりますが、

冬でも曇りでも、肌に届いていると言われています。

季節や天気に関わらず、紫外線を防ぐスキンケアは、

きちんとしたほうがいいですね。

2.近赤外線

地上に届く太陽光の中で一番多いと言われる『近赤外線』。

お肌に大きなダメージを及ぼすと言われています。

その理由は、

紫外線よりも肌の奥深く、脂肪や筋肉まで届くこと。

※紫外線は、真皮まで

この影響で、コラーゲンが分解され、肌のハリが失われる原因となります。

しかも、市販されているUVケア商品は、ほとんどが紫外線対策のもので、

近赤外線対策は遅れています。

3.ブルーライト

ブルーライトは、PCやスマートフォン、ゲーム、液晶テレビなどから

発せられる青色光で、可視光線(人の目で見ることができる光)の中で、

もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っています。

それは、網膜まで届くと言われています。

紫外線よりの肌の奥まで届き、シミ・シワの原因となります。

 

この3つの光ダメージからお肌を守ることが大切です!!

そこで、オススメなのが、

ナチュラグラッセ(naturaglce)の『UVプロテクションベース』

ナチュラグラッセ(naturaglace)UVプロテクションベース

お肌に潤いを与えて、光ダメージから守る

上品なツヤで、お肌をトーンUP

・3種類の光ダメージから肌を守る
・キメを整えながらうるおいのある肌に
・自然にトーンアップ

3つの光ダメージからお肌を守る

マリーゴールドの花から抽出した『キサントフィル』が、ブルーライトを吸収。

鉱物由来の紫外線散乱剤『酸化チタン』が紫外線・近赤外線を跳ね返す。

・紫外線カット、SPF50+/PA+++

・近赤外線カット、92.9%カット

・ブルーライトカット、97.2%カット

キメを整えながらうるおいのある肌に

ビルベリー葉エキス・・・ポリフェノールを豊富に含み、

乾燥からお肌を守ります。

米粉・・余分な皮脂を吸着

大豆種子エキス・・イソフラボンやアミノ酸を豊富に含み、

肌のキメを整えて保湿。ハリ・ツヤを与えます。

ベースオイルMIX(独自のベースオイル)

皮脂組成に近い、オリーブ果実油とホホバ種子油

酸化しにくい、サジー果実油を配合。

乾燥から肌を守りながら、スキンケア効果を高めます。

 

皮脂や水分が不足して乾燥した肌は、肌の奥までダメージを受けやすく、

逆に、うるおいに満ちキメの整った肌は、肌自体に防御機能があるため、

ダメージが肌内部まで届くのを防いでくれます。

 

自然にトーンアップ

ナチュラグラッセUVプロテクションベースは、

エッセンスベース(美容液)に酸化チタン

(紫外線散乱剤)をプラス。
独自の手法で、酸化チタンがエッセンスベースに

均一に分散し、なめらかに伸びて、

白浮きを防ぎます。

 

↑酸化チタンを加える前のエッセンスベース(美容液)

 

↑酸化チタンを加えた後の、UVプロテクションベース

 

美容液に酸化チタンを加えているだけなので、テクスチャーも美容液の
ようです。少量でよく伸びます。
肌馴染みの良いライトベージュで、白浮きせず、ツヤが出ました。
皮脂や汗による化粧崩れも防ぎます。

ナチュラルグラッセのこだわり

ナチュラル=100%天然由来の原料を使った処方
                 ➕
グラッセ=ツヤを加える
ナチュラルグラッセの処方は、
植物オイルや植物エキスに、ミネラルで色付けをするというもの。
『植物の力で日々を健やかに彩る』をコンセプトにしています。

まとめ

ハワイでは、日焼け止め規制法が成立。

2021年より、サンゴ礁を守るため、

サンゴ礁に有害な紫外線吸収剤(オキシベンゾン・オクチノキサート)

を使用した日焼け止めの販売・流通を禁止します。

 

紫外線吸収剤を使用せず、自然にも人にも優しい

ナチュラグラッセUVプロテクションベースで、

3つの光』からお肌を守り、潤いに満ちたお肌を目指しませんか?



Follow me!

コメント