【乾燥肌や敏感肌に】数量限定!ネオナチュラル オーガニック 泡石けん 

広告
スキンケア
広告

こんにちは、ricoです。

ネオナチュラルで月に一回、数量限定で販売される

『泡石けん』。

毎回、即完売の人気商品です。

やっと手に入れることができたので、

ご紹介します!

今回ご紹介するのは、『ハニーフェイシャルソープ桜』の泡石けん。

ネオナチュラル

『オーガニックな生活』を提案しているメーカー。

オーガニックスキンケア商品をはじめ、さまざまな商品を取り扱っています。

原料から全て自社栽培を行っている会社です。

ネオナチュラルは、代表である高柳さんが、アトピーである娘さんのために

作った『石けん』から始まったそうです。

つまり、ネオナチュラルの原点とも言える商品ですね。

馬油石鹸

ネオナチュラル の石鹸は、「ハーバルソープ」を除いては、

馬油を主成分として作られています。

馬油

馬油は、皮脂と組成が似ているため、肌に負担をかけず、

肌馴染みが良いと言われ、さまざまな効果が期待されています。

ネオナチュラルでは、契約農場の純国産馬油を使用。

また、日本全国の信頼できる生産パートナーが育てた自然素材を

原材料に使用し、石油由来の化学合成成分は一切添加していません。

泡石けん(一釜からたった8個しかできない極上の石けん)
ネオナチュラルの石けんは、昔ながらの釜焚き製法(一釜ずつ手作り)。
石けんを作るときに中に空気が入ってしまわないよう、
空気抜きを行いますが、その工程で出る泡を集めて作る石けんが
『泡石けん』です。
一釜から通常の石けんは約350個できますが、
泡石けんが出来るのは、たったの8個。

この泡には、石けんの保湿成分であるグリセリン(自然素材由来)と、

石けんに含まれる美容成分が凝縮しているので、

濃厚な石けんができます。

泡立ちも良く、フンワリとした濃厚な泡で贅沢な使い心地です。

合成香料・合成界面活性剤・合成防腐剤・鉱物油・凝固剤・発泡剤・合成着色料 無添加
一釜ごとに石けんを試食

石けん職人の池田さんは一釜ごとに試食して、

石けんの出来具合を確かめています。

自然素材は季節や気温、環境に影響を受け、その時々によって

仕上がりが変わります。

池田さんは料理の味見をするように

自分の舌で確かめながら微調整しています。

泡石けん(ハニーフェイシャルソープ桜)

最も保湿力の高い石けんでミツロウがしっとりと洗い上げます。

乾燥肌の方に、特におすすめ。

全身、洗髪にも使用できます。

《全成分》馬油石けん素地【九州馬油使用】、水、グラニュー糖、グリセリン、エタノール、桜蜂蜜、巣蜜、蒸留竹酢液、海塩、桧油

point

高純度精製された馬油を使用

point

選び抜かれた桜の蜂蜜を使用。

しかも、巣蜜ごと石鹸の中に溶かし込んでいる。

《巣蜜とは》                          蜂の巣から蜜をとるのではなく、蜂の巣ごと採取した物。天然保湿成分のミツロウや天然抗菌成分プロポリスを多く含んでいます。
使ってみた感想

ほんのり甘い香りがします。

作られた香りではないので、ほのかな自然の香りです。

界面活性剤を使用していないので、手でこすっただけでは

泡立ちません。

ネットに少しにぬるま湯を加えて、よく泡立てます。

こんな感じです。

気のせいか?石けん自体が茶色いので、泡も少しベージュがかって

いるような気もします。

肌にのせると、ホイップした生クリームのようです。

濃厚です。

洗い上がりは、かなりしっとり。

慌てて化粧水をつけなくてもいいかな?

と思うくらい、肌が、しっとり・もっちりして驚きました。

洗顔後、すぐに保湿をすると、そのしっとりが持続する感じです。

使い続けると肌の色がワントーン明るくなった気がします。

石けんの成分である馬油や巣蜜の保湿効果が実感できます。

泡石けんの種類は、7種類。

肌質に合わせて選べます。

次回、泡石けんの発売は、1月31日(木)19時から。

気になる方は、チェックしてみてください。

ネオナチュラル 泡石けん

Follow me!

スキンケア
広告
ricoの美容ブログ〜happy life〜

コメント